全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

ICT・AI活用加速 決済用タブレット 1200台に導入 つばめグループ 無線配車で需要予測も

つばめグループはICTやAIの活用を加速する
つばめグループはICTやAIの活用を加速する
 つばめ自動車(本社名古屋市中区、天野清美社長)を中核会社とするタクシー事業のつばめグループは、ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)の活用を加速する。今夏以降、保有車両約1200台に決済機能付きのタブレット端末を導入するほか、年内にも無線配車でAIによる需要予測システムを採用。さらに2020年初頭をめどに、連携する配車アプリの種類も増やす。増加する訪日外国人(インバウンド)需要への対応を強化すると同時に、タクシー利用客の利便性向上、従業員の業務効率化につなげる。(竹田ゆりこ)
残り609文字/全文851文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2019年7月8日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ昼呑み天国

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ