全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

オオブユニティ 愛知最大の廃棄物焼却発電施設 三菱UFJの地方創生ファンド活用 東浦町で22年稼働

廃棄物焼却発電施設の完成イメージ図
廃棄物焼却発電施設の完成イメージ図
 廃棄物処理業のオオブユニティ(本社大府市北崎町、相木徹社長、電話0562・47・0535)は、民間企業として愛知県最大規模の発電出力となる廃棄物焼却発電施設を東浦町に新設する。総事業費は63億円。三菱UFJ銀行の「MUFG地方創生ファンド」を活用する。6月に着工し、2022年4月に稼働する予定。
残り386文字/全文535文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年5月31日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ