全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

話題探求 縫製産業に若い力を 業界団体が育成体制整備 ベテラン招き講座 高付加価値加工伝える

18年に行われた講座の様子(中央が講師の稲荷田氏)
18年に行われた講座の様子(中央が講師の稲荷田氏)
 岐阜県既製服縫製工業組合(事務局=岐阜市薮田南1の11の12・岐阜県水産会館内、平嶋千里理事長、電話058・273・4030)は、若手の縫製技能者の育成に力を入れている。県内の縫製産業は、ベテラン世代の高齢化や引退が進む。さらに、これまでの外国人労働力依存で、人材が育っていないのが現状だ。岐阜の縫製産業の再興に向け、高付加価値加工の担い手育成を急いでいる。
(岐阜・笹口健太)
残り757文字/全文946文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年5月24日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ