全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

既存店4社がマイナス 中部主要スーパー5社の4月販売状況 客数、全社前年割れ メリハリ消費鮮明に

唯一の増収だったマックスバリュ中部
唯一の増収だったマックスバリュ中部
 中部の主要スーパー5社の4月の販売状況(速報値)がまとまった。消費者の節約志向が根強く、既存店ベースの売上高は4社がマイナス、客数は全社で減少した。必要最低限の品物のみを購入するといった「メリハリ消費」が一段と鮮明になってきたとの指摘があり、4月下旬の大型連休も売り上げの押し上げ効果は限定的だったようだ。
(桝田宏行)
残り425文字/全文585文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年5月22日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ