全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

横山興業 太陽光蓄電の販売強化 固定価格買取終了で 自家消費やBCP提案

一般家庭で施工した蓄電池システム
一般家庭で施工した蓄電池システム
 自動車用シート部品などを手掛ける横山興業(本社豊田市千石町1の11の1、横山栄介社長、電話0565・88・7008)は、太陽光蓄電システムの販売と施工を強化する。2009年に開始された余剰電力固定価格買取制度が11月以降、順次終了することから、電力の自家消費を提案。事業所に対してはBCP(事業継続計画)の観点から、太陽光発電システムとセットで売り込む。20年3月期中に50件の販売を目指す。
(豊田・山岡賢彦)
残り316文字/全文522文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年5月17日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ