全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

新幹線高速化に120億円 JR北海道、自社負担表明

タグ
次世代新幹線開発に向けた試験車両「ALFA―X」。手前は1号車=9日、宮城県利府町
次世代新幹線開発に向けた試験車両「ALFA―X」。手前は1号車=9日、宮城県利府町

 JR北海道は15日、2031年春に延伸開業を予定する北海道新幹線・新函館北斗―札幌(約212キロ)について、最高時速を当初予定の260キロから320キロに引き上げるのに約120億円の工事費が追加で必要と見積もり、実現に向け自社で負担すると...

残り454文字/全文574文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年5月16日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ