全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

ナガラ 三重に新棟、金型一貫生産へ コスト削減とBCP対策アピール

早瀬隆士社長
早瀬隆士社長
 自動車部品用金型を製造するナガラ(本社名古屋市中川区小本本町、早瀬隆士社長、電話052・362・6066)は3年以内に三重工場(桑名市)に新棟を開設する。投資額は約10億円。従来、三重工場で金型を加工し、本社工場で完成品に仕上げる体制だったが、三重工場で完成品まで一貫生産する。本社と三重の両工場間の物流コストを削減するのが狙い。コスト競争力を高めるとともに、災害時のリスク分散を図り、受注拡大を図る狙いだ。         (倉科信吾)
残り461文字/全文681文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年5月16日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ