全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

名港海運 子会社が物流倉庫新設 弥富市に14億円で用地取得

積極投資に打って出る名港海運グループ(写真は名古屋市港区の名港海運本社ビル)
積極投資に打って出る名港海運グループ(写真は名古屋市港区の名港海運本社ビル)
 名港海運の港湾運送子会社、大源海運(本社弥富市、高橋広社長)は弥富市に物流倉庫を新設する。約14億円を投じて建設用地を取得した。中部地方の製造業のおう盛な生産活動を背景に名古屋港の貿易額が拡大。倉庫を新設し、取り扱い貨物量の増加に対応する。(竹田ゆりこ)
残り517文字/全文645文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年5月15日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ