全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

中部電気保安協会 定年65歳へ引き上げ検討 収入減緩和人材不足にも対応

技術者が長く働ける環境づくりを進める
技術者が長く働ける環境づくりを進める
 工場や施設などの電気設備の保安管理を手掛ける中部電気保安協会(本店名古屋市中区、石田篤志理事長)は、定年年齢を現行の60歳から65歳に引き上げる検討を始めた。労働組合と協議し、早ければ2020年4月にも運用を開始する。定年や再雇用で収入が大幅に減る「60歳の崖」の影響を緩和し、熟練の技術者が長く働ける環境を整え、人材不足に備える。(竹田ゆりこ)
残り493文字/全文667文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2019年4月4日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ