全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

電力再考 (上) 第2部「脱石炭、日本の動き」 海外炭は輸入過去最高 国内炭火力、残り一つに

九州最後の炭鉱となった池島炭鉱近くで稼働していた自家発電所=長崎市
九州最後の炭鉱となった池島炭鉱近くで稼働していた自家発電所=長崎市

 2011年の東京電力福島第1原発事故後、国内の原発は順次停止し、代わって石炭火力発電所の新設計画が相次いだ。昨年9月の北海道地震で損壊、停止した北海道電力の主力、苫東厚真発電所(厚真町、総出力165万キロワット)も石炭火力だ。ただ、温暖化...

残り1136文字/全文1256文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2019年4月3日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ