全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

中部電気保安協会 太陽光発電の漏電監視 交流対応の装置開発

開発した新型の絶縁監視装置
開発した新型の絶縁監視装置
 中部電気保安協会(本店名古屋市中区、石田篤志理事長)は、漏電による故障を未然に防ぐ太陽光発電設備向けの絶縁監視装置を開発した。直流側に加え、一般的に難しいとされる交流側まで監視できるのが特長。特許の出願も済ませた。発電しながら常時監視できるため、点検の効率化につながる。今後、最終試験を実施し、発売に踏み切る。(山田悠)
残り616文字/全文777文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2019年1月18日の主要記事