ヤマハ発動機、船外機の累計生産1200万台突破

更新日:2018年 12月28日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 ヤマハ発動機は、2019年に船の動力源となる船外機の生産台数が累計1200万台を突破する見通しだ。1960年に生産を開始。現在、約180の国・地域で使われ、世界シェア(市場占有率)はトップクラスの約4割に上る。足元では大型タイプを中心に需要が一段と増えており、生産能力の増強にも乗り出している。

 
 
 

2018年 12月28日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年12月 > 28日 > ヤマハ発動機、船外機の累計生産...