「わがまちの話題」可児市が山城切り口に観光振興、歴史ファンが注目で新たなスポットに

更新日:2018年 12月15日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 戦国時代の城跡を巡る歴史ファンが増えている。可児市では2年前から「山城に行こう!」と題したイベントを実施。市内にある城を発信する催事を開き、今年は5千人が来場した。来年11月には、全国の山城が存在する市町村や関係団体が集う「第26回山城サミット」が可児市で開催される。全国から1万人を超える歴史ファンが来場する見込みで、これを弾みに地域活性化につなげる考えだ。

 
 
 

2018年 12月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年12月 > 15日 > 「わがまちの話題」可児市が山城...