津田工業がHV部品生産能力を5割増強

更新日:2018年 12月14日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 自動車部品メーカーの津田工業(本社刈谷市、小笠原節社長)は、ハイブリッド車(HV)向け部品の生産能力を増強する。HV向け部品を手掛ける豊川工場(豊川市)に11月、製造ラインを1ライン増設したのに続き、来年2月にもう1ライン設置する。2ラインの追加で、HV向け部品の生産能力を従来比で約5割増やす。設備投資は総額約19億円を見込んでいる。

 
 

2018年 12月14日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年12月 > 14日 > 津田工業がHV部品生産能力を5...