えいこく屋、自動パッケージング機導入

更新日:2018年 12月 8日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 紅茶の輸入・製造卸などを手掛けるえいこく屋(本社名古屋市千種区、荒川博之社長、電話052・763・8477)は、自社工場(瀬戸市西長根町)にティーバッグ用の自動パッケージング機を導入した。投資額は約2500万円。販売が拡大するオリジナル商品の生産効率向上が狙いで、今後、オリジナルパッケージの拡大にも乗り出す考えだ。

 
 

2018年 12月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年12月 > 8日 > えいこく屋、自動パッケージング...