東海地区の地銀、相続関連の取り組み強化、ニーズの高まり受け体制整備

更新日:2018年 12月 4日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 東海3県(愛知、岐阜、三重)の地方銀行が、相続関連の取り組みを強化している。相談件数が右肩上がりで増えるなか、遺族への接し方や窓口対応などを学ぶ「グリーフケア研修」が広がりつつある。十六銀行は2019年1月に行員300人規模に拡大して実施する。高齢化の進展や増加する事業承継に絡み、相続ニーズは今後さらに高まる見通し。各行とも新たなビジネスチャンスとして体制整備を加速する考えだ。

 
 

2018年 12月 4日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年12月 > 4日 > 東海地区の地銀、相続関連の取り...