トヨタ、「即断・即決・即実行」の組織に刷新

更新日:2018年 12月 1日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 トヨタ自動車は30日、2019年1月1日付の人事異動と組織改正を発表した。専務以上の役員変更を小規模にとどめる一方、大がかりな人事制度改革を断行。常務役員や管理職の基幹職1級、2級などを統合して「幹部職」(約2300人)を新設する。業務執行に携わる役員は55人から23人に減らす。階層や役員を圧縮することで意思決定を迅速化するほか、次代を担う若手人材の登用につなげる。部組織の数も239部から220部に削減し、組織のスリム化を図る。

 
 

2018年 12月 1日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年12月 > 1日 > トヨタ、「即断・即決・即実行」...