中部のインフラ関連企業、災害対策を強化、大型台風教訓

更新日:2018年 11月23日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 電力や鉄道など中部のインフラ企業が、災害時の対策強化に乗り出している。中部電力は情報発信のあり方などを検証する委員会を立ち上げ、新たな対策の検討に乗り出した。JR東海は運休など運行情報の発信手段としてツイッターの活用を計画する。中部では9月から10月にかけて、大型の台風が猛威を振るった。災害時に役立つ情報をいかに早く正確に届けるか。各社とも対策強化に知恵を絞っている。

 
 

2018年 11月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年11月 > 23日 > 中部のインフラ関連企業、災害対...