わがまちの話題=活性化の動き進む岡崎市

更新日:2018年 11月10日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 岡崎市の中心市街地、康生地区が活気を取り戻しつつある。かつては西三河最大の中心エリアとしてにぎわいがあったが、地区の集客の要だった大型商業施設の撤退で衰退。危機感を抱いた市や関係団体、民間事業者が一体となって、2015年度から空き店舗・ビルの遊休不動産の活用に取り組み、飲食店など3年間で38店が新規に出店。18年度も10店以上の出店を見込んでいる。

 
 

2018年 11月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年11月 > 10日 > わがまちの話題=活性化の動き進...