中部の工作機械メーカー、自動化技術で人手不足解消を支援

更新日:2018年 11月 2日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

2年に1度開かれる工作機械の国際展示会「JIMTOF2018」が1日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した。6日まで。モノづくりの現場では、人手不足対応が喫緊の課題で、ロボットなどを活用した自動化システムの出展が目立った。足元では、米中の貿易戦争による顧客の投資マインド減退懸念もあるが、会場は熱気に包まれている。工作機械メーカーはモノづくりをどう変えようとしているのか。中部企業の取り組みを追った。

 
 

2018年 11月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年11月 > 2日 > 中部の工作機械メーカー、自動化...