JPカンファレンス、塗材のアスベスト除去技術を確立

更新日:2018年 10月31日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 環境汚染物質を浄化する薬剤の製造開発を手掛けるJPカンファレンス(本社名古屋市守山区下志段味・クリエイションコア名古屋206、羽根田晃社長、電話052・739・2526)は、塗材に含まれるアスベスト(石綿)の新たな除去技術を確立した。独自開発のはく離剤を塗布し、ジェットミスト機で噴霧した後、バキュームで回収する。従来の手作業除去と比べ安全性が高い。確実に無害化でき、作業時間も半減する。販売体制を拡充し、普及を図る。 

 
 
 

2018年 10月31日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年10月 > 31日 > JPカンファレンス、塗材のアス...