「風しん」拡大に警戒強める中部企業

更新日:2018年 10月29日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 全国的に拡大している感染症「風しん」に対し、中部企業は警戒を強めつつある。社員に対し予防用のワクチン接種を実施したり、注意喚起を始めた。過去の国のワクチン制度変更により、働き盛りの30~50代の男性はウイルスへの抗体を持たない割合が比較的高いとされる。今後の感染拡大次第では企業で同様の対策が広がりそうだ。

 
 

2018年 10月29日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年10月 > 29日 > 「風しん」拡大に警戒強める中部...