就活ルール廃止、中部経済界に波紋 早期、長期化を危惧

更新日:2018年 10月15日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 経団連が新卒学生の就職活動の日程を決める「採用選考に関する指針」の廃止を決定したことが、中部経済界に波紋を広げている。対象は2021年春入社の学生から。就活の早期化や長期化を懸念し、一定のルールを要望する声がある一方で、工夫次第で自社をアピールできるチャンスととらえる企業も。政府は15日、関係省庁連絡会議の初会合を開き、政府主導のルール作りに乗り出す。

 
 
 

2018年 10月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年10月 > 15日 > 就活ルール廃止、中部経済界に波...