台風21号の東海地区損害保険金の支払件数が最多見通し

更新日:2018年 10月11日 (木)

 9月に発生した大型台風21号による東海3県(愛知、岐阜、三重)下の損害保険金支払件数が単独の台風被害で過去最多の見通しになったことがわかった。今年は大型台風が相次ぎ、東海の年度ベースでも支払件数が過去最多になる見込み。損保業界大手の東京海上日動火災保険は、保険金請求に対応する名古屋拠点の窓口人員を従来の3倍以上に増員するなどで顧客対応を急いでいる。

 
 

2018年 10月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年10月 > 11日 > 台風21号の東海地区損害保険金...