トヨトミ、ペレットストーブに新製品投入

更新日:2018年 10月 6日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 石油ストーブメーカーのトヨトミ(本社名古屋市瑞穂区、片岡由好社長)は、木くずを圧縮した木質ペレットを燃料とする「ペレットストーブ」の新製品を開発した。同ストーブの第2弾で、コンパクトで部屋にとけ込みやすいシンプルな形状にした。発売は来春の計画で、初年度に300台の販売を目指す。環境に優しいことなどから補助金制度で導入を後押しする自治体が増えており、新製品を投入して需要を開拓する。

 
 

2018年 10月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年10月 > 6日 > トヨトミ、ペレットストーブに新...