名古屋の食中毒、月別発生数は10月が最多

更新日:2018年 10月 5日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 名古屋市で食中毒に関する意外な事実が判明した。市が過去5年間の月別発生累計をまとめたところ、10月の発生件数が最多(11件)で、患者数も月別で2位(185人)だった。10月は食中毒の警戒が緩みがちなのが要因のひとつという。市健康福祉局食品衛生課の担当者は「鶏肉に加え、秋は魚介類内の寄生虫であるアニサキスに注意を」と呼びかけており、飲食業界はよりきめ細かな衛生対策が不可欠だ。

 
 

2018年 10月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年10月 > 5日 > 名古屋の食中毒、月別発生数は1...