名証上場企業19年3月期中間決算 旺盛な設備投資背景に堅調

更新日:2018年 10月 3日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 名古屋証券取引所に上場する3月期決算企業の中間決算(4~9月期)発表が本格化する。第1四半期(4~6月期)は好調な海外経済や旺盛な設備投資需要を背景に、自動車や機械関連を中心に堅調な業績が目立った。中間も同じ流れが続き、さらに足元の円安も追い風となり通期予想の上方修正もありそう。ただ、米中貿易戦争が泥沼化しており、大きな懸念材料となっている。人手不足や原材料価格の上昇など、経営者がリスク要因をどう見通すか注目される。

 
 
 

2018年 10月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年10月 > 3日 > 名証上場企業19年3月期中間決...