スズキ、マツダ、ヤマハ発でも不正検査発覚

更新日:2018年 8月10日 (金)

 国土交通省は9日、出荷前の自動車、二輪車の燃費や排ガスの測定でスズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社から不適切な検査が見つかったと発表し、取引先や販売店は情報収集や顧客対応に追われた。昨年はSUBARU(スバル)、日産自動車で無資格者による完成品検査問題が発覚しており、相次ぐ不祥事に「業界全体が不信感を持たれる」(中部の部品サプライヤー)と、揺らぐ信頼性に懸念が広がっている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 8月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年8月 > 10日 > スズキ、マツダ、ヤマハ発でも不...