名市内美術館が企画展に力、国内外から幻の逸品、30年ぶり印象派コレクション

更新日:2018年 7月30日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 962016年に「最も魅力に欠ける都市」の烙印(らくいん)を押された名古屋市。「名古屋飛ばし」も再燃、著名作家には文化性がないとまで酷評された。その名古屋で、これまでにない芸術作品が一堂に会した。10月6日に閉館する名古屋ボストン美術館と開館30周年を迎えた名古屋市美術館は、世界の誰もが知る名作を過去にないほど集結させた。「魅力ない街とは言わせない」挑戦は成功するか。取り組みを追った。

 
 
 

2018年 7月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年7月 > 30日 > 名市内美術館が企画展に力、国内...