JTの加熱式たばこ 使用許可飲食店じわり増加

更新日:2018年 7月14日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 日本たばこ産業(JT)の加熱式たばこ「プルーム・テック」の使用を許可する飲食店が名古屋市内で増えている。月30~40店のペースで増加し、今月11日時点で約200店と、じわりと浸透している。紙巻たばこと違ってにおいが発生せず、飲食店側が「非喫煙者とも共存可能。喫煙者の顧客も取り込める」と判断しているためだ。受動喫煙防止の社会的風潮を受け、店内全面禁煙に踏み切る飲食店が増える中、プルーム・テックは新たなたばこ文化として広がる可能性を示している。

 
 
 

2018年 7月14日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年7月 > 14日 > JTの加熱式たばこ 使用許可飲...