アイチ情報システムスマホで映像確認や起動が可能、自動消火設備システム開発

更新日:2018年 7月10日 (火)

 愛知製鋼子会社でシステム開発のアイチ情報システム(本社刈谷市、中野彰一社長)は、消火剤にハロンガスを使った自動消火設備システムの販売を開始した。携帯電話回線の「LTE」を通信に利用し、自動消火前でもスマートフォンから映像確認や起動操作が行える。既存施設に後付けでき、起動時に周辺設備を汚損しない特徴も生かし、データサーバー室、制御室、書庫などの需要を開拓する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 7月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年7月 > 10日 > アイチ情報システムスマホで映像...