日大アメフト会見に中部企業の広報が関心、不祥事発生後の対応で初動遅れブランド失墜

更新日:2018年 5月25日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの定期戦で、日大の選手が関西学院大の選手を悪質なタックルで負傷させた問題で、日大アメフト部の内田正人前監督らが23日に行った記者会見が、企業の広報担当者の間で話題となっている。不祥事が発生した後、危機管理対策としてまず何をすべきか。「他山の石」として関心を持って見守っている。

 
 

2018年 5月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年5月 > 25日 > 日大アメフト会見に中部企業の広...