名阪近鉄バス、新型観光バス2台導入

更新日:2018年 5月16日 (水)

 バス事業を手掛ける名阪近鉄バス(本社名古屋市中村区、松田健社長)は、新型の観光バス2台を導入した。既存車両より座席数が約3割少なく、車内空間にゆとりがあり、くつろげるのが特徴。子会社の名阪近鉄旅行(同)で取り扱う旅行商品「カッコーツアー」専用車両として活用する計画で、長距離旅行の商品を拡充する足掛かりにもする考えだ。

 
 

2018年 5月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年5月 > 16日 > 名阪近鉄バス、新型観光バス2台...