嘉文、客層見極め独自メニュー、現場判断で店舗運営

更新日:2018年 4月23日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 海鮮料理店を運営する嘉文(本社名古屋市南区明治、加藤文隆社長)は、地域や客層に合わせた店舗運営に力を入れている。社員同士の飲み会など団体での需要が減少する一方、インバウンドや1人で食事や酒を楽しむ人が増えており、こうした変化に対応できるよう、店舗ごとに独自のメニューやサービスの提供に取り組んでいる。

 
 

2018年 4月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年4月 > 23日 > 嘉文、客層見極め独自メニュー、...