全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

温故知新 わが町の産業遺産 金生山化石館 大垣市 日本古生物学発祥の地 2億7000万年前の化石も 古代ロマン求めリピーター集う

金生山から産出された化石が並ぶ展示室
金生山から産出された化石が並ぶ展示室
 岐阜県大垣市に、化石について学べる施設がある。「金生山(きんしょうざん)化石館」だ。大垣市の北西部、赤坂町にある金生山はほぼ全山が石灰岩で構成される小丘。館では金生山で採集された世界的に珍しい大型の化石などを展示している。2億7千万年前の化石のほか、日本の古生物学発祥の地とされる金生山の歴史を垣間見ることができる。古生物学者や化石愛好家だけでなく、古代のロマンに思いをはせるリピーターが集う人気スポットになっている。
残り982文字/全文1192文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2018年12月15日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ