全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

経済の鼓動 自治体アンテナ店 都内に過去最高60店舗 ご当地の「食」が看板に

「IBARAKI sense」のオープニングには県出身でいばらき大使の女優白石美帆さん(右から3人目)らも駆け付けてテープカットした=東京・銀座
「IBARAKI sense」のオープニングには県出身でいばらき大使の女優白石美帆さん(右から3人目)らも駆け付けてテープカットした=東京・銀座
 地方自治体が東京都内に置くアンテナショップが熱い。特産品の販売や観光、「UIJターン」を呼び込む情報発信拠点として増えており、自治体単独の出店数は10月時点で過去最高の60店舗に上る。特に最近は「食」を売りに誘客を図るケースも目立っている。
残り1534文字/全文1655文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2018年12月11日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ