全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

東海の小売、外食業界 来年10月消費増税で 8%か10%か混乱必至 複雑な税率適用 現場に戸惑いも

二つの税率でスーパーのレジは混乱しそうだ
二つの税率でスーパーのレジは混乱しそうだ
 2019年10月の消費税率10%への引き上げを控え、東海地区の小売店や飲食店では対応を迫られている。政府は消費者の増税負担に配慮して軽減税率の適用を決め、飲食の場所が店内外によって8%と10%に分かれる。イートインスペースがあるスーパーや、テークアウトサービスを実施する飲食店では二つの税率に対応せねばならず、レジが混乱しかねない。国税庁は8日に軽減税率制度について詳細な指標を公表したが、現場で不安視する声が上がっている。
残り1024文字/全文1237文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2018年11月20日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ