全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら

購読・試読のご案内

温故知新 わが町の産業遺産 からくり展示館 犬山市 人形に宿る技術の粋 動きを見て魅力実感 中部のモノづくりの原点に

複数の糸を使って山車からくりを操る溝口専務理事(右)
複数の糸を使って山車からくりを操る溝口専務理事(右)
 毎年4月の第1土・日曜日に犬山市で行われる犬山祭は、針綱神社の祭礼として1635年に始まった。13両の車山(やま)に備えられたからくりの奉納が最大の見どころで、国の重要無形文化財に登録されている。犬山市文化史料館の別館「からくり展示館」は、江戸時代から伝わるからくりに関する資料やからくり人形の実演を見ることができ、現代の産業技術の原点が感じられる施設だ。
残り945文字/全文1124文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2018年10月20日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ