全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

わがまちの話題 尾鷲市 三田火力発電所が閉鎖 広大な跡地地域活性化に 中電、市、会議所が「三者協議会」

有効活用が検討される尾鷲三田火力発電所
有効活用が検討される尾鷲三田火力発電所
 中部電力は、三重県南部の尾鷲市にある「尾鷲三田火力発電所」を2019年3月末までに廃止することを決めた。発電能力は87万5千キロワットで、中電全体(3458万5千キロワット)のわずか2・5%。しかし、人口1万8千人の尾鷲市にとっては地域経済を支える大黒柱だった時代もある。廃止について地元行政や経済界は「想定内」と淡々と受け入れる一方、「広大な敷地を地域活性化に生かしたい」と跡地開発に大きな期待を寄せている。(尾鷲・丹羽駿介)
残り871文字/全文1086文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2018年10月20日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ