全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

わがまちの話題 津市 高田本山専修寺が国宝指定 観光地へ名乗り千載一遇の好機 御影堂と如来堂 知名度向上で参拝者増加

平日も多くの参拝者でにぎわう御影堂
平日も多くの参拝者でにぎわう御影堂
 津市一身田の高田本山専修寺の御影堂と如来堂が昨年11月、国宝に指定された。建造物としては三重県下初の国宝。津市は県庁所在地だが、観光地としては伊勢・志摩や伊賀などに比べて知名度で大きく劣っている。こうした中での国宝指定は観光振興の千載一遇のチャンス。行政や経済団体など地元は盛り上がっている。(津・丹羽駿介)
残り966文字/全文1121文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2018年7月21日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ