全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

名古屋市内36行 貸出金残高、2年ぶり減少 3月末都銀マイナス、地銀はプラス

大企業は手元資金が潤沢で新規の資金調達を控えているようだ
大企業は手元資金が潤沢で新規の資金調達を控えているようだ

 名古屋市内で営業する銀行36行・329店の2018年3月末の「市内預貸金残高」が8日までに分かった。全店合計の貸出金残高は前年同月末比1・0%減の13兆2964億円で2年ぶりにマイナスに転じた。地方銀行は着実に伸ばしたが、都市銀行が落ち込...

残り634文字/全文754文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2018年5月9日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ