全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

知恵絞る中部の企業や自治体 GWは〝コト消費〟で勝負 ヴィレッジヴァンガード 店舗でライブ活動 タイルミュージアム 展示物に触れて 手軽に忍者気分 伊賀流忍者博物館

訪日外国人に人気の「忍者体験パック」。伊賀流忍者博物館では実際に手裏剣を投げるなど忍者体験ができる
訪日外国人に人気の「忍者体験パック」。伊賀流忍者博物館では実際に手裏剣を投げるなど忍者体験ができる
 中部の企業や自治体の間で「コト消費」に焦点をあてたサービスが広がっている。消費者の関心が「モノ」から「コト」に向かう中、イベントスペースを併設した雑貨店や展示物に触れられる博物館などが登場。観光地では体験型ツアーで訪日外国人の取り込みに出ている。「コト消費」に商機を見出す中部の動きを追った。
残り1140文字/全文1287文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2018年5月2日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ