全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

全社増収、7社営業増益 トヨタグループ8社18年3月期決算まとめ 今期、開発投資など収益圧迫

会見するアイシン精機の伊原社長(中央)
会見するアイシン精機の伊原社長(中央)
 トヨタグループ8社は27日、2018年3月期連結決算を発表した。為替が円安に振れたことなどで全社が増収。本業のもうけを示す営業利益は北米での製品切り替えの準備負担が響いたトヨタ紡織を除き、7社が増益だった。19年3月期は売上高予想が非開示の豊田通商を除き、7社中6社が増収を見込む。各社とも車の電動化や自動運転などへの対応に向けて設備投資や研究開発費の負担が足かせになりそうだ。
残り939文字/全文1129文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2018年4月28日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ