全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

未来を描く

新聞購読のお申し込みはこちら

FTS 次世代ライン積極導入 国内外の拠点で 樹脂化対応を加速

豊田市の本社工場
豊田市の本社工場
 自動車用燃料タンクのFTS(本社豊田市、落合宏行社長)は今秋から、樹脂製タンクの次世代生産ラインを国内外で順次稼働させる。車両軽量化に向けて、燃料タンクの材質は鉄から樹脂にシフトしている。搭載車種や量の変動に迅速対応できる次世代ラインを広く展開し、生産の効率化とシェア拡大につなげる。鉄製タンクを生産する本社工場(豊田市鴻ノ巣町)でも2019年春から新たに樹脂製タンクの生産を始める計画だ。
残り625文字/全文821文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2018年4月19日の主要記事