全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

和風装飾樹脂板に新製品 ワーロン PET樹脂で和紙を挟む 強度、障子紙の30倍超 耐熱、防汚性高める

強度と風合いが特徴の新製品(サクラ柄は抜き加工を施したもの)
強度と風合いが特徴の新製品(サクラ柄は抜き加工を施したもの)
 和風装飾樹脂板などを製造販売するワーロン(本社名古屋市中村区千原町、渡辺敬文社長、電話052・451・1456)は、和紙のような見た目の樹脂板・シート「ワーロン」の新製品を開発した。一般の障子紙と比べて30倍以上の強度を持つ。和紙をPET樹脂でラミネートし、温度変化や汚れなどに対する耐久性を高めた。住宅関連メーカーや照明器具メーカー、ディスプレー業者に向けて販売する。(竹田ゆりこ)
残り458文字/全文651文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2018年4月17日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ