全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

間接部門に広がる「自工程完結」 東海の企業が取り組み 事務系含め全体底上げ 推進部署新設の動きも

小集団活動で成果を上げているアテック
小集団活動で成果を上げているアテック
 東海地方で事務系などの間接部門に「自工程完結」と呼ばれる業務改善手法を採り入れる企業が増えている。製造現場の繁忙感や業務の複雑化で、ホワイトカラーの生産性改善も急務なためだ。個々の業務を「みえる化」して自工程で品質を確保し、不良を次工程に流さないこの取り組みは、工程間の連携を深め、コミュニケーションの円滑化にも効果を発揮している。
残り1162文字/全文1329文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2018年4月3日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ