タマディックが若手社員の定着率向上へ

更新日:2017年 4月 5日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 自動車用の生産設備や部品の設計を手掛けるタマディック(実質本社名古屋市中区、森實敏彦社長)は、若手社員の定着率を高める取り組みに力を入れている。出来る限り若手の希望を反映させて配属先を決めたり、資格の取得を後押ししている。2016年度までの3年以内に離職した社員の割合は4・8%。5年連続で10%を下回っている。

 
 
 

2017年 4月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年4月 > 5日 > タマディックが若手社員の定着率...