全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

わがまちの話題 産業振興と雇用創出へ 美濃市「地域電力会社」が誕生 地元財界、ワタミF&Eが出資 年内にも事業認可へ来年から営業展開

設立発起人で社長に就任した辻氏(中央)
設立発起人で社長に就任した辻氏(中央)
 「美濃和紙」の産地として知られる美濃市に今年9月、地域電力会社「みの市民エネルギー」が誕生した。市内の個人・企業と、ワタミグループのワタミファーム&エナジー(ワタミF&E、本社東京都)が共同出資した。安い電力を提供して地元企業の競争力を高め、産業振興や雇用創出など地域活性化につなげることが目的だ。年内に事業認可手続きを進め、本格的な営業展開は来年から。将来的には自社発電にも取り組み、電力の「地産地消」を目指す。
残り981文字/全文1189文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2017年11月11日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ