全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

世界を動かす東京モーターショー (上) 電動化の開発強化に〝かじ〟 トヨタ、全固体電池実用化へ マツダ、次世代内燃機関に挑戦

トヨタのディディエ・ルロワ副社長は電動化技術の開発を加速させる方針を強調した
トヨタのディディエ・ルロワ副社長は電動化技術の開発を加速させる方針を強調した
 国内完成車メーカーの間で電動化技術の開発競争が激しさを増してきた。25日に報道陣に公開された東京モーターショーでは、トヨタ自動車が2020年代前半に次世代電池とされる「全固体電池」を実用化する方針を表明した。日産自動車やホンダなども電気自動車(EV)の最新の開発状況を惜しみなく披露。各社とも電動化技術の開発強化にかじを切る姿勢を鮮明にしている。
(3面に関連記事)
残り1165文字/全文1348文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2017年10月26日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ