全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

ユニケミー 天然水事業を拡充 種子島の和菓子店と連携 ようかん商品化 地域活性化に一役

濱地清市社長
濱地清市社長
 材料分析のユニケミー(本社名古屋市熱田区、濱地清市社長)が、宇宙飛行士が飲む鹿児島県・南種子町の天然水で事業を拡大している。当初はペットボトルの販売のみだったが、近年はホテルや飲食店に採用された。また、このほど、種子島の和菓子店とようかんを商品化して販売を開始した。宇宙飛行士用の飲料水づくりが広がりを見せ、地域活性化に一役買っている。(山田悠)
残り494文字/全文668文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2017年10月3日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ